新国際エンゲージドブディズム研究会

2004年、国内外問わずに青少年問題に取り組んでいる「全国青少年教化協議会」と、人権と平和に主眼をおいた国際協力活動に取り組む「アーユス仏教国際協力ネットワーク」が中心となり、さまざまな社会問題に対して仏教者がどのように関わることができるのかを、現代社会のコンテクストにおいて探求する「エンゲイジド・ブッディズム研究会」が始まりました。もともとそれぞれの課題に対して個々に取り組んできた仏教者たちが、「エンゲージド・ブッディズム」という概念で相互に認識し合い、学び合い、トラウマケア・自殺防止、ホームレス・高齢者・震災被害者への寄り添い、脱原発・脱軍国主義の運動、自然を大切にする精神文化の再生など色々な分野や社会問題への関わりを深めてきました。これらの活動や運動は、一般的な「葬式仏教」のイメージとは大きく掛け離れたものです。

本来の仏教実践の姿であるこの刷新と再生の運動における日本仏教の次の一歩は、心を同じくして社会活動に取り組む海外の仏教者や宗教者と繋がることでしょう。今日、国際的な仏教交流団体やネットワークが多く存在しますが、その「交流」の性格は東アジアの「金持ち」の仏教者から「貧しい」南アジア・東南アジアの仏教者に物質的援助を行うことに限定されがちでした。JNEBは、他国の仏教者との「水平」の交流を通して、地球温暖化や民族・宗教間の紛争といった緊急な問題への対応など幅広い分野で連携した行動を生み出すことを目指しています。実際、仏教国と言われる多くの国々では、権力や既得権者たちへの影響力を発揮するだけではなく、仏教に根ざし貧困やマイノリティはじめ様々な「苦」に寄り添い、開発や人権、平和の取り組みにおいても、中核として社会をリードしています。これは他の宗教にも言えることです。

宗教者、研究者、NGOスタッフ、ジャーナリスト、学生など、さまざまな人たちがこの研究会にかかわっています。社会の階層化、右傾化が急速に進む現代社会の中で、こころと社会の平和実現をめざす方々の参加をお待ちしています。

今年の春に日本を訪問する海外の仏教者と色々な話題、問題、活動について、是非語り合ってください! もちろん通訳を用意しますが、英語や海外仏教者の母語での国際コミュニケーションスキルも磨いていきたいと思います。

時間:
18:30 開会の挨拶と趣旨説明
18:45 ゲスト講演
19:30 質問とフリートーク
20:15 飲み会

2016年春シリーズ:

Maitriveer25月13日(金):

テーマ:アンベードカルのビジョンにおける国家主義・民主主義・仏教

ゲスト:マイトリビール・ナガージュナ

マイトリビール氏はアンベードカル博士が創立したインド新仏教運動のトリーラトナ・ブッダ・マハサンガ教団の指導者であり、ハイドラバード外国語大学芸術哲学部の教授でもあります。同教団は、かつて、アンベードカル博士が指導したヒンズーのアウトカースト(不可触賤民)のダリットを中心とした運動が基盤となっています。マイトリビール氏は、中部インドナガプル市にあるナガローカセンターで様々な地域から集まった若いダリット仏教者に仏教と社会正義を教えています。ナガプル市は、1946年にアンベードカル博士の指導した何十万もの貧しいダリットの大規模な改宗があった場所として知られています。今回、マイトリビール氏は、インド、日本、および他国での国家主義の拡大と民主主義の危機と関連して、インド憲法の草案者であるアンベードカル博士の仏教的ビジョンについて講演します。

会場:見樹院
〒112-0002 東京都文京区小石川3丁目4番14号
電話 03-3812-3711  FAX 03-3815-7951
Eメール:kenjuin@nam-mind.jp
アクセスリンク

5月27日(金):
DL_Smile2テーマ:米国の政治状態と国際仏教地球温暖化防止活動

ゲスト:エンゲージドブディズム作家デイヴィッド・ロイ

宗教・倫理・社会学博士、禅師、作家。1971年より、日本から米国に伝わった禅仏教の伝統である三宝教団で禅修行をはじめる。1984年鎌倉の山田耕雲老師のもとで修行。1988年に法名「Tetsu’un」を賜る。現在はインターネット新聞のハフィントンポストの取締役員でもある。元文教大学講師ロイ先生は西洋思想と現代社会および仏教思想に関する多くの本を著した有名なエンゲージドブディズム作家。ロイ先生の最近の活動は地球温暖化に対応する仏教の思想と言説に焦点を当てています。

  •  16:30-17:30にゲストと一緒に瞑想会

会場:心光院
〒106-0044 東京都港区東麻布1-1-5
アクセスリンク

6月中旬(未定):
gauthamテーマ:インド新仏教運動とエコ寺院開発

ゲスト:タミル・ナードゥ州新仏教指導者ガウタム・プラブ

ガウタムさんは南インド・タミル・ナードゥ州で仏教に改宗した貧しいインド国民の地域で色々な社会開発活動を行っています。仏教に改宗したインド人はカースト制度を離れたアイデンティティを作りながら、まだ貧困や様々な社会差別と対峙しています。ガウタムさんはこの状態および団体活動、特に新しいエコ寺院開発プロジェクトについて講演します。

会場:見樹員(東京文京区)
〒112-0002 東京都文京区小石川3丁目4番14号
電話 03-3812-3711  FAX 03-3815-7951
Eメール:kenjuin@nam-mind.jp
アクセスリンク

7月頭(未定):
テーマ:臨床仏教、マインドフルネス&コンテンプラティブケア、 エンゲージドブディズムの繋がり

ゲスト:松下柚木(真言宗僧侶、臨床心理士)

 

申込・問合先:JNEBコーディネーター:ワッツ・ジョナサン
ogigaya@gmail.com、 080-8911-5114

共催:
JNEB(日本エンゲージド・ブッディスト・ネットワーク)
見樹院
国際仏教交流センター(孝道教団内)