新国際エンゲージドブディズム研究会

2004年、国内外問わずに青少年問題に取り組んでいる「全国青少年教化協議会」と、人権と平和に主眼をおいた国際協力活動に取り組む「アーユス仏教国際協力ネットワーク」が中心となり、さまざまな社会問題に対して仏教者がどのように関わることができるのかを、現代社会のコンテクストにおいて探求する「エンゲイジド・ブッディズム研究会」が始まりました。もともとそれぞれの課題に対して個々に取り組んできた仏教者たちが、「エンゲージド・ブッディズム」という概念で相互に認識し合い、学び合い、トラウマケア・自殺防止、ホームレス・高齢者・震災被害者への寄り添い、脱原発・脱軍国主義の運動、自然を大切にする精神文化の再生など色々な分野や社会問題への関わりを深めてきました。これらの活動や運動は、一般的な「葬式仏教」のイメージとは大きく掛け離れたものです。

本来の仏教実践の姿であるこの刷新と再生の運動における日本仏教の次の一歩は、心を同じくして社会活動に取り組む海外の仏教者や宗教者と繋がることでしょう。今日、国際的な仏教交流団体やネットワークが多く存在しますが、その「交流」の性格は東アジアの「金持ち」の仏教者から「貧しい」南アジア・東南アジアの仏教者に物質的援助を行うことに限定されがちでした。JNEBは、他国の仏教者との「水平」の交流を通して、地球温暖化や民族・宗教間の紛争といった緊急な問題への対応など幅広い分野で連携した行動を生み出すことを目指しています。実際、仏教国と言われる多くの国々では、権力や既得権者たちへの影響力を発揮するだけではなく、仏教に根ざし貧困やマイノリティはじめ様々な「苦」に寄り添い、開発や人権、平和の取り組みにおいても、中核として社会をリードしています。これは他の宗教にも言えることです。

宗教者、研究者、NGOスタッフ、ジャーナリスト、学生など、さまざまな人たちがこの研究会にかかわっています。社会の階層化、右傾化が急速に進む現代社会の中で、こころと社会の平和実現をめざす方々の参加をお待ちしています。

今年の春に日本を訪問する海外の仏教者と色々な話題、問題、活動について、是非語り合ってください! もちろん通訳を用意しますが、英語や海外仏教者の母語での国際コミュニケーションスキルも磨いていきたいと思います。

2018 春期シリーズ

仏教徒、イスラム教徒、ヒンズー教徒の異文化間平和構築の可能性

講演者: ナハルシャ・バラトナ(INEB理事長)
ソンブーム・チューングプラムプリー (INEB事務局長)

5月9日(水)

Harsha Moo in Nagpur small大手マスメディアはこの何十年間、中東におけるキリスト教、ユダヤ教、イスラム教といった三つのアブラハムの宗教間で起きた文化的な、またしばしば暴力的な衝突に焦点を当ててきました。しかし最近では、仏教徒とイスラム教徒の対立がスリランカやバングラディシュといった南アジア地域で、またミャンマー、タイといった東南アジア地域で増えています。インドではヒンズー教徒とイスラム教徒の対立、またスリランカではヒンズー教徒と仏教徒の対立が長らく続いています。仏教は世界的に平和の宗教というイメージを持たれていますが、これらの対立は、昔から続いてきた仏教徒による民族主義、排外主義といったものを現しています。このことを私たちはどのようにとらえるべきなのでしょうか。排外主義による暴力は仏教においてもその傾向は他宗教と変わらないのでしょうか。イスラム教は本来、もっと平和的なのでしょうか。どこまでが本当に宗教によるコミュニティの対立なのでしょうか。それともむしろ利益と権力を得るために宗教を利用した、経済的、政治的な力による対立なのでしょうか。そして最も重要な問いは、欲、怒り、妄想に駆り立てられた経済的、政治的アジェンダを抑制する、平和による、より大きな文明、文化をアジアで構築するために、協調的で進歩的な仏教徒とイスラム教徒の団体が、どういった役割を果たせるのか、ということです。

今回の二人の講演者はこれらの問い、課題に深く携わっています。ハルシャ・ナバラトナ氏はINEBの理事長であり、サルボダヤ運動の創始メンバーとして、また最近ではスリランカ国内各地で仏教徒、イスラム教徒、ヒンズー教徒、キリスト教徒の平和的対話のためのプログラムの開発をするなど、宗教に基づいた進歩的社会開発に専念してきました。ソンブーム・チューングプラムプリー氏は2009年、INEB幹事に就任し、それ以前から進歩的仏教徒によるミャンマーの社会開発に携わってきました。最近では、仏教徒・イスラム教徒関係をテーマとしたINEB国際フォーラムを主導し、そこでは南アジア、東南アジアの仏教、イスラム教の指導者が一堂に会し、相互理解を促し、非暴力的対話・外交について率直な意見が交わされました。

このとても素晴らしい対話の機会に、皆様ぜひご参加ください!

日時 : 5月9日(水)

18:30 開会ならびに導入・紹介(ワッツ・ジョナサン、JNEB代表)

18:40 講演(ナバラトナとチューングプラムプリー)

19:30 質疑応答ならびに参加者討議

20:30 夕食会(オプション)

会場 : 心光院

東京都港区東麻布1-1-5

参加費:研究会 無料

お申込み・お問い合わせ: ワッツ・ジョナサン

ogigaya[AT]gmail.com

 

テーマ: 異なる宗教間の協同にむけて―環境およびエコ寺院運動における可能性―

アメリカで環境運動を続けている、宗教を母体にした最も古い組織のひとつに、グリーンフェイスという団体があります。アメリカ聖公会のハーパー牧師はその代表として現在活動を行っている一人です。団体は、環境運動におけるリーダーシップ養成にむけて、多様な宗教的背景をもつ人びとを激励し、教育を与え、結集していくことを使命としてきました。

fletcherゲスト:フレッチャー・ハーパー牧師/グリーンフェイス代表(アメリカ) 

ハーパー牧師のリーダーシップのもとに、環境における平等ならびに保護という課題にむけて、グリーンフェイスは宗教コミュニティに対して数々の教育およびトレーニングプログラムを開発してきました。牧師は、アメリカ全国ならびに国外において、教会や礼拝所で、環境への責務や平等といったことに対するモラルや精神的な側面を説き話しています。『グリーンフェイス:地球を守るために神の民を集結させる』(2015年、アビンドンプレス社)の著者でもある彼は、グリーンフェイスの代表になる以前は、聖公会教区の牧師として10年間貢献し、また会における要職についてきた牧師でもります。

現在ハーパー師はタイ国と日本において、アジアにおける仏教者やINEB/JNEBメンバーとの交流を通じて、グリーンフェイスとのパートナーシップ構築のために各地を訪問しています。2017年に国連気候変動枠組条約第23回締約国会議(COP23)がドイツのボンで開催された際には、グリーンフェイスは持続可能な多宗教の生き方という点でイニシアチブをとりました。策定プランでは、省エネルギー、より環境にやさしい食品や無駄を省いたトランスポートのあり方など、地域や家庭で行うことのできる行動改革創造にむけての「公共」洋式を宗教者にデモンストレーションすることなどが盛り込まれています。INEB、そしてその関連団体で環境、特に気候・エコロジー分野における宗教間対話に焦点をあてた新たなネットワークであるICEにおいては、そのような活動を行う宗教コミュニティに対してアジアで大多数の賛同者を得ています。ICEのメンバーである大河内秀人師には、過去20年の間に、東京に2つのエコ寺院を設立した宗教界・環境界のパイオニアとして、今回のイベントの発起人の一人になっていただきました。これらの問題・課題に対して意見を交換し、ともに学ぶ夕べとすべく、皆様のご参加をお待ちしています。

日時 : 3月5日(月)

18:30 開会ならびに導入・紹介

18:45 グリーンフェイスの活動紹介

(ハーパー牧師)

19:15  INEBエコ寺院活動紹介

(大河内秀人・ジョナサン=ワッツ)

19:45  質疑応答ならびに参加者討議

20:30 夕食会(インドレストラン)

会場 : 見樹院

東京都文京区小石川3-4-14

Access: http://www.nam-mind.jp/access.htm

参加費:研究会 無料

夕食会 2000円+飲み物代

お申込み・お問い合わせ: 見樹院

Tel: 03-3812-3711, Fax: 03-3815-7951

e-mail: kenjuin@nam-mind.jp

 

2016年秋

11月18日(金):

joannamacyテーマ:つながりを取り戻す:疎外感・無関心に対応する仏教的エンパワーメント

仏教哲学者であり環境活動家であるジョアンナ・メイシーが作った「つながりを取り戻すワーク(The Work That Reconnects )」の活動を紹介します。ジョアンナ・メイシーの活動の歴史は50年以上にもおよび、平和・正義・環境運動の分野で広く知られています。また彼女の名はアメリカの社会/環境運動史上もっとも偉大な活動家の一人としても挙げられています。これまでにも世界各地で「つながりを取り戻すワーク」ワークショップが行われ、多くの人びとが彼女に学び、大きな影響を受けてきました。「つながりを取り戻すワーク」の特徴は仏教と一般システム理論を融合した世界観と、仏教のさまざまな伝統的教えを経験を通して理解するための体験的エクササイズの豊富さにあります。

ゲスト:齊藤由香

yukasaito活動家・翻訳家・通訳・ワークショップファシリテーター。2009年立命館大学応用人間科研究科修士課程修了。米国の平和・環境・社会正義運動に関わるとともに、関連書籍および映像の日本語翻訳を積極的に行う。2011年より米国の仏教哲学者で社会活動家であるジョアンナ・メイシーに師事し、2014年以降は彼女が生んだ「つながりを取り戻すワーク」のワークショップを日本で開催。社会的不正、環境問題、平和など世界が抱える数多くの問題に対する個人の気づきをうながし、能動的に行動を起こすための手法を広めている。ジョアンナ・メイシーと同じく米国カリフォルニア州のバークレーに在住。

時間:
18:30 挨拶と趣旨説明
18:45    上映:ジョアンナ・メイシーとグレート・ターニング(大転換)
19:15  質問とフリートーク
19:45    グレート・ターニング(大転換)のエクササイズ
20:15 懇親会

会場:見樹院(東京文京区)
〒112-0002 東京都文京区小石川3丁目4番14号
電話 03-3812-3711  FAX 03-3815-7951
Eメール:ogigaya@gmail.com
アクセスリンク

2016年春

5月13日(金):

テーマ:アンベードカルのビジョンにおける国家主義・民主主義・仏教

ゲスト:マイトリビール・ナガージュナ

仏教タイムス報告

マイトリビール氏はアンベードカル博士が創立したインド新仏教運動のトリーラトナ・ブッダ・マハサンガ教団の指導者であり、ハイドラバード外国語大学芸術哲学部の教授でもあります。同教団は、かつて、アンベードカル博士が指導したヒンズーのアウトカースト(不可触賤民)のダリットを中心とした運動が基盤となっています。マイトリビール氏は、中部インドナガプル市にあるナガローカセンターで様々な地域から集まった若いダリット仏教者に仏教と社会正義を教えています。ナガプル市は、1946年にアンベードカル博士の指導した何十万もの貧しいダリットの大規模な改宗があった場所として知られています。今回、マイトリビール氏は、インド、日本、および他国での国家主義の拡大と民主主義の危機と関連して、インド憲法の草案者であるアンベードカル博士の仏教的ビジョンについて講演します。

会場:見樹院
〒112-0002 東京都文京区小石川3丁目4番14号
電話 03-3812-3711  FAX 03-3815-7951
Eメール:kenjuin@nam-mind.jp
アクセスリンク

5月27日(金):
DL_Smile2テーマ:米国の政治状態と国際仏教地球温暖化防止活動

ゲスト:エンゲージドブディズム作家デイヴィッド・ロイ

宗教・倫理・社会学博士、禅師、作家。1971年より、日本から米国に伝わった禅仏教の伝統である三宝教団で禅修行をはじめる。1984年鎌倉の山田耕雲老師のもとで修行。1988年に法名「Tetsu’un」を賜る。現在はインターネット新聞のハフィントンポストの取締役員でもある。元文教大学講師ロイ先生は西洋思想と現代社会および仏教思想に関する多くの本を著した有名なエンゲージドブディズム作家。ロイ先生の最近の活動は地球温暖化に対応する仏教の思想と言説に焦点を当てています。

DavidLoy Bukkyo Times16:30-17:30にゲストと一緒に瞑想会

会場:心光院
〒106-0044 東京都港区東麻布1-1-5
アクセスリンク

6月11日(土):

gauthamテーマ:インド新仏教運動とエコ寺院開発

ゲスト:タミル・ナードゥ州新仏教指導者ガウタム・プラブ

ガウタムさんは南インド・タミル・ナードゥ州で仏教に改宗した貧しいインド国民の地域で色々な社会開発活動を行っています。仏教に改宗したインド人はカースト制度を離れたアイデンティティを作りながら、まだ貧困や様々な社会差別と対峙しています。ガウタムさんはこの状態および団体活動、特に新しいエコ寺院開発プロジェクトについて講演します。

時間:
17:00 開会の挨拶と趣旨説明
17:15 ゲスト講演
18:30 質問とフリートーク
19:00 飲み会

会場:見樹員(東京文京区)
〒112-0002 東京都文京区小石川3丁目4番14号
電話 03-3812-3711  FAX 03-3815-7951
Eメール:kenjuin@nam-mind.jp
アクセスリンク

gauthambukkyotimes

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月5日(火):


IMG_3955 (1)テーマ:臨床仏教、マインドフルネス&コンテンプラティブケア、 エンゲージドブディズムの繋がり

臨床心理学では、仏教の瞑想がマインドフルネスとして心理療法に取り入れられ、日本でも広まってきました。こうした背景には瞑想の科学的な研究が長年行われ、瞑想実践による様々な変容が実証的に裏付けられてきたことがあります。今回はこうした流れの中から、2つのことについてお話します。ひとつは瞑想研究において中心的役割を担ってきたマインド・アンド・ライフ研究所が若手の研究者向けに行っている夏季研究大会の参加報告。そしてもうひとつは脳神経科学や医学と仏教瞑想を統合し、終末期医療に取り組む医療従事者のストレスによる燃え尽き防止のためのプログラム「死にゆく人と共にあること」です。

ゲスト:松下弓月(真言宗僧侶、臨床心理士)

東京大学大学院教育学研究科博士後期課程在籍。研究テーマはお寺のグリーフケア。

IMG_3947 (1)時間:
18:30 開会の挨拶と趣旨説明
18:45 ゲスト講演
19:30 質問とフリートーク
20:30 飲み会

会場:心光院
〒106-0044 東京都港区東麻布1-1-5
アクセスリンク

申込・問合先:JNEBコーディネーター:ワッツ・ジョナサン
ogigaya@gmail.com、 080-8911-5114

共催:
JNEB(日本エンゲージド・ブッディスト・ネットワーク)
見樹院
国際仏教交流センター(孝道教団内)

Posted in Events, featured, ニュース. Bookmark the permalink.

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>